波立つ風と詩
 
Roのこととか独り言。

怪しいコメントはクリックしないよう注意して下さい。
 


彼方からのメール 3/3

結局のところ、「お願い」は引き受けることになりました。実はあの電話の後、一つ上の人に横槍入れてみたんですけど玉砕(シクシク。その際、他にも何人かこの「不幸の手紙」を受取った人がいたみたいだったので早速、確認してみることに、すると。。。口々に、私と似たような苦情や悲鳴が上がるわけで(皆、忙しいですよ)。ともかく件の内容を軽く伝えて、最低限「会」を行えるところまでにはしておきましょう、という方針でなだめてみたり(何故?)。しかーし、皆(幹事組)のヤル気は私を含め、最初のメールから10~20%に上がった程度でした。妙な結束力が生まれたけど(笑)

・・・
・・・・・・・

・・・


で、
何がどーだったのか全然知らないんですけど(むしろ、こっちが聞きたいわ)



なんと大 好 評(実話




今後があるから、誰かけなしといて~!!と言ってみたけど周りの反応があまりにも良過ぎるのでその光景をただ、ただ見守る幹事組。色々な疑惑が湧きあがったりしましたが誰かがぽつり洩らした言葉に納得。

「お酒が飲めれば、機嫌なんてどっか置き忘れてくるよ」

確かに飲み放題ということも手伝って、かなーり強いのを飲んでいる方いました。私もドサクサ紛れに注文した飲み物、5,6個ロストしましたし。。。(ノ_・。)

まあ、その結果なかなか終わりにできない ≒ 帰れない事態になったりしたので強引に〆ることに。


嵐が過ぎるの待って二次会ならぬ反省会での感想。

・あんなバタバタする指令&準備はこりごり(←全員一致)

・次回はゆっくり飲んでいられる席で今回の幹事組で固まりたい(←これまた全員一致)

・実はだんだんと面白くなって仕事そっちのけで作業してました(←会計やっていた人、他数人)
 ↑ いや、それだけじゃあんなには盛り上がらないから

とかとか意外にすっきり。


私は最後までヤル気0のままだったんですけど、どうやら周りには悟られなかったらしい。
- 完 -



Oct.19(Fri)17:47 | Trackback(0) | Comment(0) | 通勤・仕事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)