波立つ風と詩
 
Roのこととか独り言。

怪しいコメントはクリックしないよう注意して下さい。
 


彼方からのメール 2/3

どうにか気持ちを落ち着けられたので、断る方法をアレコレ考えてみることに。何パターンかのやり取りを考え、受け答えがまとまったところで電話が鳴る。


上 司「メール読んだ?! 期間短いけどお願いね?」
 ↑今回は土日含めて2週間、実質10日という強行軍(マテ

□歓迎会≒宴会 [いま居る会社の場合]
 ・主賓に日程確認して、参加人数把握、店舗予約、会費設定、案内文送付
  出欠確認&ドタキャン対応、当日迎えて(進行役あり)、最後に会費報告。
  ※人に確認するのは基本電話。プラス就業時間内はNGな条件付き。

中の人「いやです(即答)
    短すぎます。誰かに代わってもらうようにしていいですか?」

本当急すぎる話ですよ貴方。解っているならもう少し早めに連絡するないし出来たはず。幹事に振られる方も不満のひとつ、ふたつ云わしてもらうさ。


上 司「ダメ、どっちも駄目(即答)」

中の人「・・・はいぃ?」
 ↑『どっちも』が何に掛かってくるのか一瞬、理解できず固まる。


・・・
・・・・・・

・・・

数秒後、『どっちも』 = 日程変更&幹事交代 ということに気付く。

エーーーーーーーーーー!!
そんな・・・話を冷静に判断できる人をどーやって看破しろと? 既にこの時点で負けた気分に(何か違う)。というか普通、叱るほうが先だと思うんですけど・・・ね。

ひとまずこっちの作業状況酌んでもらったところ、、、

上 司「年度切替え時期じゃないし、格式ばったものは求めてないから」
上 司「軽く受け止める程度でいいよ」

確かに歓迎会といっても=飲み会だから、そんな風に言われても不思議と疑問を感じませんが、立場的にいいのかな?とか思ってみたり。

中の人「じゃ、てきとー(好き放題)にやらせて貰います(棒読み」
 ↑抜け殻 

上 司「そそ、テキトーでいいよ」

おぃおぃおぃ、そこは否定しないと(笑)
でも、まあ幹事任命している&連絡している時点で、「会」が失敗したときの責任半分ぐらい持っているから、ぶっちゃけ運命共同体(謎。
- 続く -


Oct.13(Sat)21:57 | Trackback(0) | Comment(0) | 通勤・仕事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)